トップページ > 足のむくみを解消するおすすめの方法は?むくみを治す方法と原因

足のむくみの原因と対策

足のむくみ。
むくみができにくい体質の方には理解されないつらい症状ですよね。

むくみができる原因には様々な要因がありますが、男性はあまり足のむくみに悩まされることはありません。

悩んでいる方がほぼ女性という足のむくみ。
その原因の解明と解消法を見ていきましょう。

足のむくみの原因はなに?


 

足のむくみには様々な原因があります。


座りっぱなしでも、立ちっぱなしでもむくみができる。
運動をした方がむくみにくいはずなのに歩きすぎでもむくみができますよね。

足のむくみは病気や体質の問題ではなく、多くは体のめぐりが悪くなることで発生します。

めぐりとは、血液やリンパ液の流れのこと。

めぐりが悪くなることでむくみはできやすくなり、解消し辛くなってしまいます。

そんなめぐりの悪さは女性の方が多く発生するのです。

女性の足にむくみができやすい理由

女性の足のめぐりが悪くなるのには
・男性より筋肉が少ない
・生活習慣の乱れ
の2つの理由があります。

生活習慣の乱れは血液がどろどろで、、、
なんて話も聞くのでわかると思いますが、筋肉の量がどう関係してるの?と思うかもしれません。

しかし、筋肉量が少ないことこそが女性の足のむくみを作る最大の原因だとも言えるのです。


右足の血液やリンパ液の流れを助けるのが筋肉だということはご存知でしょうか?

右足は心臓からもっとも離れているため、心臓のポンプ機能だけでは右足の血液を心臓に返すことができません。

そこで活躍するのが足の筋肉。

主にふくらはぎの筋肉を動かすことで筋肉がポンプの役割を果たして、血液を心臓に返す手助けをしています。

女性はふくらはぎの筋肉が少ないのでポンプ機能が弱く、むくみやすくなっているのです。


次にリンパ液の流れについて。

リンパ液の流れは筋肉の収縮によって作られるものです。

リンパ液は血液中の余った水分や老廃物を回収する働きを持っていますが、リンパ液の流れが悪いと血液中の水分や老廃物を回収しきれなくなります。

回収しきれなかった水分や老廃物が血管の外にしみることでむくみは発生してしまうのです。


足の血液やリンパ液の流れは筋肉の収縮によって作られるものです。

めぐりが悪くなる条件が揃っている女性の足はむくみやすくできているんですね。

デスクワークでふくらはぎにむくみができる原因

デスクワークでむくみができてしまうのは、長時間座ることで足のめぐりが悪くなるから。

デスクワークをしているあなたは長時間座りっぱなしの姿勢をとっていますね。

長時間座った姿勢をとるとふくらはぎに血液が溜まるうえ、リンパの流れが悪くなってしまっています。

デスクに座ることで血流とリンパの流れを外から圧迫して停滞させてしまっているのです。
足のリンパ節は股関節に存在します。

リンパ液は、リンパ節というフィルターを通って余分な水分や老廃物を回収します。

台所の排水溝もゴミでいっぱいになったら水がうまく流れません。

リンパ節というフィルターを詰まらせるデスクワークがむくみを作りやすい理由がわかりますね。

デスクワークでむくみができてしまうのは当然のことだとも言えます。

※同様に長時間の移動(車や電車)でも同じことが起こります。
※座った姿勢をとり続けるのはむくみの発生を促してしまうのです。

立ち仕事でふくらはぎにむくみができる原因

では立ち仕事をしているあなたはどうでしょう?

ふくらはぎの筋肉を使っているのでむくみができないように見えますが、立ち仕事は座りっぱなしとはふくらはぎがむくむ原因が異なります。

立ち仕事むくみができる主な原因は筋肉疲労。

むくみは足の筋肉から血液やリンパ液が体の中心に戻らないことが原因で発生します。

立ち仕事をしていると、始めのうちは足の筋肉がポンプ機能がうまく働いてくれるのでむくみは発生しません。

しかし、長時間立っているうちに筋肉がだんだん疲れてポンプとしての機能が弱くなります。

その結果ふくらはぎに血液やリンパ液が溜まってしまい、むくみが発生してしまうのです。

生活習慣の乱れによって足にむくみができる原因

生活習慣の乱れといっても、足のむくみに直結しやすいのは
・食生活の乱れ
・睡眠不足
・運動不足
の3つ。

まずは食生活の乱れから見ていきましょう。

食生活の乱れでできる足のむくみの原因

 

食生活の乱れによるむくみの原因のほとんどは塩分の過剰摂取とアルコール摂取です。

塩分を多く取りすぎると、血中の塩分濃度が高まり体に悪影響を及ぼします。

そんな塩分濃度を下げようとする働きによって、血液中には水分の量も増えてしまうのです。

血液中に水分が多くなると、血管から染み出る水分の量も増加。

塩分の排出が終わるまで血管内の水分量が減ることはありませんので、むくみがどんどん発生してしまうんですね。

アルコールも塩分と同様で血中のアルコールを分解するために血液中の水分量を多くする原因となります。

ということは頻繁に飲み会に行っている方は飲み会の頻度を下げたほうがよさそうですね。


アルコールは血管内の水分量を急激に増やしてむくみを発生させる原因になり、おつまみは塩分過多でむくみを発生させます。


足のむくみに悩んでるの〜>_<
今日も仕事でぱんぱんで〜、、、

なんて話しながら居酒屋にいる子をたまに見かけますが、お酒を飲むのを控えた方が良いのでは?
と思うことも。。。


睡眠不足でできる足のむくみの原因

 

睡眠不足は体の中に二酸化炭素を溜め込む原因となります。

むくみと二酸化炭素だなんて、、、笑

なんて思うかもしれませんが、二酸化炭素が体に溜まることによってむくみができてしまうんですよ!

二酸化炭素が体に溜まると、体の中に酸素が足りない状況が生まれます。

わたしたちの体は酸素が巡ることで活動できているので、体は酸素を体全体に多く運ぼうと血管を膨張させ、血管の中に流れる血液量(水分の量)を多くします。

脚がむくみやすいあなたの血管内の水分量が増えたらどうなると思いますか?

当然回収できない余分な水分が増えてしまい、足のむくみを作ってしまうのです。

睡眠不足はむくみを発生させる原因ひとつです。


運動不足でできる足のむくみの原因

 

運動不足はむくみの大敵です。

適度な運動をしていないと、体の代謝とめぐりはどんどん悪くなっていき、むくみやすい体を作ってしまうからです。

さらにはそんなむくみに加えて脂肪が付いたらぶよぶよなセルライトになってしまう可能性も。。。

運動をすることによって筋肉の低下を防ぐと共に、体の代謝・めぐりの良さを上げることができます。

でも、逆に運動をしていても足にむくみができることがあるって知っていましたか?

運動をしていてむくみが発生するときには水分不足が考えられます。

運動をしていると当然汗をかきますよね。

人は普段生活している中でも1日に1.5リットル程の水分摂取が必要と言われますが、運動して汗をかいているときにはそれよりも多い水分を摂取しなければいけません。

体の中の水分量が減ってしまうと、人の体は生命維持の為に必要な水分を体に溜め込もうとしてしまいます。

溜め込まれた水分が皮膚の下に溜まることでもむくみが発生するのです。


足のむくみを解消するには

足のむくみを解消するには、原因を取り除く方法とむくみができてから対策をする方法の2つの方法があります。

この2つの解消方法のうち、むくみ解消瓦版でおすすめしているのは原因を取り除く対策です。

原因がわかれば予防方法も対処法も見えてきます。

足のむくみを解消する方法を確認していきましょう。

ちょっとまって!!
ここから紹介するあしのむくみ解消法は、あなたの生活習慣の見直しや、むくみができたときの対策です。

もしあなたが楽に足のむくみを解消したいと考えているなら、むくみサプリの使用を検討してみませんか?

当サイトでは、むくみの解消にむくみサプリの使用をおすすめしています。

サプリで簡単に足のむくみをなくす方法を見たいという方は、こちらのページをのぞいてみてください。

むくみサプリ瓦版

むくみ解消にはどんな方法があるの?

足のむくみを解消するには、あなたの体のめぐりを悪くしないことが大切。

当サイトではむくみの解消にはサプリを使用した方法をおすすめしていますが、サプリを使用しない方法ももちろん存在します。
でも、自分でできる方法を知りたいという方のために、ここからはサプリを使用しないむくみ解消方法を紹介します。

むくみを解消するには
・食生活の改善
・生活リズムの改善
・適度な運動
を心がけることからはじめましょう。

でも、この3つを心がけることもそう簡単なことではありませんよね。

そこで、足のむくみを解消する為におすすめしたいとっておきの方法をお伝えしますね。

食生活で足のむくみを解消するには

 


食生活の改善は今すぐにでも始められます。

例えば、いつもお昼に牛丼を食べているなら、そこにサラダを1品追加。
トマトやレタス、キャベツににんじんといった食品にはカリウムが含まれていますので、体をむくみにくくしてくれることが期待できます。
また、朝1本のバナナを食べるだけでもむくみ予防としてとても大きな効果を発揮しますよ。

そして肝心なのがお肉の脂身や揚げ物を控えるということ。
脂肪の摂りすぎは血液をどろどろにしてしまい体のめぐりを悪くしてしまいます。

低脂肪、高たんぱく、野菜メインの食事をちょっと意識するだけで足のむくみ予防としては十分なんですよ。


でも、カリウムを取ったほうがいいんじゃ、、、

と思いませんでしたか?

管理栄養士さんに確認しましたが、カリウムは少しだけカリウムの多い食材を意識して食べているだけで十分なんだそうです。
健康食品を使ってでカリウムを!

という話をしたら鼻で笑われてしまいました。

でも、食生活の見直しが難しいという場合にはカリウムを健康食品で補うのは効果的ではあるといっていました。


 

すぐにでもできる食生活の改善は
・外食・出来合いの惣菜を食べるのを控える
・塩分の少ない食事を心がける
・カリウムの多く入っている食材を食べる
これだけです。



生活リズムの改善で足のむくみを解消するには

 


生活リズムの改善とは、生活のリズムを健康的な状態にすること。
夕食を遅くに食べない。
日付が変わる前に寝る。
間食を多くしない。
の3つを意識することで足のむくみ対策ができます。

脚のむくみは水分が溜まっているだけだと思っていませんか?

実はあの水分の中に老廃物も混じっているんです。

生活リズムを改善して足のむくみが解消できるのは、体に負担をかけない生活を送ることで体を休ませ、代謝機能を正常に働かせることができるから。

代謝機能が働いていれば体に老廃物や余分な水分が溜まることはありません。
足に溜まりやすい水分や老廃物を体の外へ排出できるというわけです。


運動で脚のむくみを解消するには

 


仕事が忙しくて運動するヒマがない!

というあなたは、通勤時に駅まで歩いてみたり、いつもはエレベーター・エスカレーターに乗ってしまうところを階段で移動してみたりというところから始めてみてください。

たったこれだけの運動でも足の筋肉をしっかりと動かすことになり、むくみの対策になります。
ちょっとだけ意識するだけで日頃の運動不足ってけっこう改善できるんですよ。

それも難しいというあなたはお風呂上がりに10分間のストレッチがおすすめです。
ストレッチは体のめぐりを良くするのにとても効果的な方法です。

運動不足のあなたはまずはストレッチから始めることからやってみてください。

簡単!即効!足のむくみをとる対策

そのほかにも簡単にできて即効性のある足のむくみをとる方法があります。

ここからは番外編ということで簡単にできる足のむくみをとる対策を紹介していきます。


こまめに水分を取る
トイレを控えるために移動中に水分を取らない人が多いのですが、体内の水分不足は足のむくみの原因となります。

足のむくみの原因は水分の摂りすぎじゃないの?

と思うかもしれませんが、代謝を維持するのに適度な水分補給は欠かせません。

水分不足になると、排出されるべき不要な水分を体内に溜め込んでしまいます。

これが水分不足によるむくみの原因です。

また、水分を摂らないとトイレに行くこともないために長時間座りっぱなしになってしまいます。

適度に立ち上がって足を動かすことが1番のむくみ解消となるので、立ち上がるタイミングを作る意味も込めてきちんと水分を摂るようにしましょう。

あなたに合った靴を履く
歩きっぱなしや立ちっぱなしによる足のむくみを軽減させる方法といえば自分の足に合った靴を履くこと。

オシャレでかわいいからといってサイズの合わない靴や足が痛くなるような靴を履き続けるのはおすすめできません。

合わない靴はむくみだけでなく靴擦れや色素沈着などが起きてしまう可能性があります。

靴はかわいいのに脱いだ素足はブサイク!なんてことになりかねません。


どうしても履いていきたい靴やパンプスがある場合はインソールを使ってみましょう。

足の裏と靴の間にクッションが入ることで足の疲労を軽減してむくみを軽くすることができます。

足の裏全体のものやつま先用・土踏まず用など種類がいろいろありますが、特におすすめなのはむくみ専用のインソール。

むくみ解消専用のインソールは価格もそれなりにしますが、やはり専用なだけあって効果が全然違います。

ぜひお気に入りの靴で旅行を楽しむためにもインソールを試してみてくださいね。

ソックスやストッキングの工夫をする
おすすめは5本指ソックス。

五本指ソックスは指と指の間があくことで足の指先の血行が良くなります。

ムレによる足の臭いも軽減することができるのでたくさん歩く旅行中こそ五本指ソックスが大活躍してくれます。

しかし見た目が可愛くなかったり五本指ソックスを愛用しているだなんて周りにバレたくない!

という方は、着圧ソックスやストッキング・タイツがおすすめ。

用途によって圧力の強さが変わるので1日中歩き回る場合は外出用を履き、ちょっと疲れたなぁという日には就寝用を履いくなどして工夫するのが良いでしょう。

着圧ソックスを1日中使用し続けるのは逆に血行不良を起こしてしまいますので使用方法を守るようにしてくださいね。

靴を脱ぐ
靴を脱ぐことで締め付けやヒールによってむくんだ足をリラックスさせることができます。

しかし公共の乗り物の中や職場で靴を脱いだままの状態というのは行儀が悪く見えますし、足の臭いも気になりますね。

普段の荷物や旅行の荷物はなるべく増やしたくないので携帯スリッパや薄手のスリッパを用意しましょう。

臭いが心配という方は無臭の携帯用消臭スプレーも忘れずに。

また荷物に余裕のある方は健康サンダルがおすすめです。

健康サンダルを履けば足裏を刺激することもできますので血行も促進されて足のむくみに最適です。

足を動かす
座りっぱなしで行うむくみの解消方法で最も効果的なのは貧乏ゆすりです。

足の血行不良にはふくらはぎの筋肉を収縮してあげることが効果的なので、お行儀が悪いと思われがちな貧乏ゆすりはむくみを取るのにとても効果的な方法なのです。


貧乏ゆすりはさすがにできないという方は座った状態で足首を動かしましょう。

これなら靴を履いたままでもできるのでおすすめです。

床から足を離して足首を上下に動かしたり左右に動かしたり、ぐるっと円を描いてみましょう。足首を上下に動かす場合は上と下でストレッチをするように伸ばした状態で10秒間キープするのも気持ちが良いですよ。

自分で回数を決めたりそれぞれの運動をワンセットにしてみたりしてこまめに足首を動かしましょう。

そしてもっともおすすめしたい方法は足の指を動かす方法。

足の指をグーにしたりパーにしたりと動かすことで足の指先で滞っている血液を促進させることができます。

末端から血液を流してあげることで血行を促進してむくみを解消しましょう。

湿布を貼る
疲れたふくらはぎに貼るのはもちろんですが、ツボの集中している足の裏(かかと)に貼ることでもむくみ解消の効果が期待できます。

筋肉疲労でできたむくみの場合は、ほてりを冷ますためにも冷湿布が望ましいですが、温湿布でも大丈夫です。

夏と冬など季節によって湿布の種類も変更してみましょう。

あなたの心がけ次第でむくみは解消できます

生活習慣の見直しや、むくみが発生しにくい状況を作る。

こういった日々の努力がむくみを解消するには欠かせません。

全てを動じに行うことは難しいと思いますが、あなたの意識次第でむくみの発生はほぼ抑えることができますし、できたむくみも早期の解消が見込めます。

まずは1つあなたの生活に取り入れることができるものから始めてみてくだださい。

むくみの解消はあなたがむくみを解消する為にちょっとだけ頑張ってみるという意識をすることからはじまるんですよ。