トップページ > むくみに効くお茶まとめ|むくみをとるお茶の効果って?

お茶を飲むだけでむくみ解消?むくみに効果的な飲み物とは

お茶は水とは違い栄養素を含む飲み物です。お茶の中にはむくみに効果的な成分を含むものも存在するので、むくみ解消効果が期待できるお茶は多数存在します。

そのなかでも健康に良いと有名なのといえば

・緑茶
・どくだみ茶
・ルイボス茶
・ウーロン茶
・とうもろこし茶etc...

有名どころだけでも数え切れないくらいのお茶の種類がありますね。そんなお茶の中でむくみに効果的なお茶とはいったいどんなお茶なのでしょうか?

これがおすすめ!むくみをとるおすすめのお茶6選


むくみを解消するお茶には様々な種類がありますが、むくみを解消するために飲むお茶を探しているなら【むくみに効果的なお茶をブレンドしたもの】を選ぶのがおすすめです。

むくみに効果的なお茶の特徴は「利尿作用がある」「塩分の排出を助けてくれる」「食物繊維が豊富」「体のめぐりを良くしてくれる」など様々な効果が挙げられますが、ブレンドされているお茶ならそれぞれのお茶のむくみに効く効果の良いところ取りをすることができます。

そこで、当サイトがむくみ解消におすすめしたい【デトックス効果の高く、むくみ解消効果が期待できるお茶】を6つピックアップしてみましたので、お茶でむくみ解消をしたい方はぜひ参考にしてください。

キャンデト茶



デトックス効果の高いダイエット茶です。便秘に作用する部分も大きいのですが、むくみに効果的なお茶としてピックアップされる

・黒豆茶
・緑茶
・とうきび茶

がブレンドされています。
お腹をスッキリすることで体のめぐりを良くし、むくみを作りにくい体作りをサポートしてくれます。


桃花スリム



便秘解消をメインの効果としているダイエットティーの桃花スリム。デトックス効果が高く、多くの女性のスッキリ・スリムをサポートしてきたお茶です。
むくみに効果的な

・ごぼう
・ルイボス
・生姜

が含まれており、体のめぐりをサポートしてくれます。
めぐりとデトックス作用を高めるのに特におすすめなお茶です。


ダイエットプーアール茶



プーアール茶はむくみに効果的なお茶の1つです。そんなプーアール茶をさらにパワーアップさせて、スタイルアップ効果を実感できるのがダイエットプーアール茶です。

楽天ランキングやYahoo!ショッピングランキングを総なめにしているデトックスダイエットサポート茶です。


ディバリティー ハーブ リ ティー



むくみに効果的なお茶がギュギュッと詰まったハーブティーです。

・杜仲茶
・ハトムギ
・ルイボス
・ドクダミ

など、むくみに効果的なお茶に加えてダイエットサポートをしてくれる成分を豊富に含んでいます。スッキリした体を目指しつつ、美容・健康にとても効果的なお茶です。

むくみを解消しながら毎日の健康や魅力的なスタイルを作るのにおすすめです。



むくみ解消に効くお茶を教えて!


むくみ解消に効くお茶には2種類のものがあります。
  1. ミネラル豊富なお茶
  2. 利尿作用のあるお茶
むくみの解消のためには体の余分な水分を排出したり、塩分や老廃物などの体のめぐりを悪くするものを排出する効果が求められます。そんな中で、塩分や老廃物の排出にはミネラル分が、余分な水分の排出には利尿作用が求められるのです。

どちらかの効果があればむくみ解消に役立つといえますが、理想はどちらの効果も発揮できるお茶。コーンシルク茶やどくだみ茶などはカリウムも豊富に含んでいますし、むくみ解消のためにあるお茶と言っても過言ではありません。

むくみに効くお茶と、それぞれのお茶のむくみに対する効果を確認していきましょう。

ルイボスティー



ルイボスティーにはミネラル成分がバランスよく含まれています。体の酸化を防ぐSOD酵素も多く、しかもノンカフェイン。ホルモンに働きかける効果があるので、妊活・妊娠中・産後もずっと飲むことができるお茶なのです。

特にむくみの解消に効果を発揮するのは、ミネラルのひとつカリウム。ミネラルは腎臓に働きかけて、リンパ・血液の巡りを良くしてくれます。その結果、体内の余分な水分や老廃物の排出をスムーズにしてくれるのです。さらに、月経前のむくみには、ホルモンバランスを整えてくれる亜鉛が活躍してくれます。
SOD酵素やマグネシウムなども、老廃物の除去や代謝アップ・腸内の水分の排出といったデトックス効果を持っています。むくみの解消だけではなく、美肌やダイエット、活性酸素の除去にも効果的なのです。

ルイボスティーは、むくみを解消するだけでなく、体を内からキレイにしてくれるお茶だと言えますね。
副作用は特にありませんが、なかには冷えやお腹がゆるくなる方もいるようです。ですから、飲み過ぎには注意して下さいね。

どくだみ茶



どくだみ茶は多くの薬効を持つノンカフェインのお茶です。ミネラルやフラボノイド、ポリフェノールなどの成分が含まれています。
その中でも、むくみの解消に効果的な成分が「クエルシトリン・イソクエルシトリン・カリウム」などです。
クエルシトリンには強い利尿作用がありデトックス効果も高い成分。体の毒素を排出してくれるので便秘にも有効です。
イソクエルシトリンは水分の代謝を促進する成分。滞った血液やリンパの流れを促し不要な水分を排出してくれます。
カリウムは体内のナトリウムを調整し、過剰な塩分を排出してくれる成分。体内の水分と塩分がバランスよく保たれることで、むくみの解消につながります。
こうした3つの成分が持つ効果はむくみの解消につながり、体全体の水分代謝を良くすることでリンパや血液の循環をスムーズにしてくれるのです。
カリウムを多く含んでいるので、持病をお持ちの方や妊娠中の方は飲む量に注意する必要があります。まずは担当医にご相談ください。

黒豆茶



黒豆茶はアントシアニンや大豆イソフラボン、カリウムなどが豊富な健康茶なので、むくみだけでなく健康効果が期待できるお茶として活躍しています。
アントシアニンは「目に良い」と聞きますが、それは血行が促進され隅々まで血液が行き渡るからです。アントシアニンは血液をサラサラにして血行を改善することで、体の中にある老廃物や溜まった水分を排出しやすくしてくれます。アントシアニンの一種であるクロスミン(クロサミン)やクロサンテミンは、腎機能を高めて水分の排出をサポート。
また、カリウムは過剰なナトリウムを排出する成分。ナトリウムは水分を抱え込むため、過剰な水分を排出することにもつながっています。
血流と血行を改善し、腎機能を高めて体内の水分を調整してくれる黒豆茶。利尿作用にも優れているので、むくみ解消にはピッタリです。

ハトムギ茶



ハトムギは漢方ではヨクイニンとも呼ばれ、ご存知の方も多いですよね。
ハトムギ茶は美白効果があることで知られていますが、むくみの解消にもおすすめです。
ハトムギ茶にはビタミンやミネラルのほか、様々な成分が含まれておりいるので体内の水分や血液の代謝を促してくれます。そのなかでも「コイクセラノイド」という成分は新陳代謝を高める働きがあります。さらに利尿作用や消炎作用も持ち合わせているのです。
代謝が良くなると体内のリンパや血液の循環が整い、利尿作用によって不要な水分が排出されます。また、老廃物も排出されやすくなるという嬉しい効果も。
体内の循環が整い不要な水分や老廃物が排出されると、腎機能も良くなっていきます。むくみ解消には腎臓の働きが欠かせません。ハトムギ茶を飲むことで新陳代謝を上げ体内循環を整えれば、自然とむくみの解消につながっていくのです。

ごぼう茶


食物繊維が豊富なごぼう茶。むくみ解消に役立ってくれるのは、水溶性食物繊維のイヌリンやカリウムなどです。
イヌリンには腎臓の働きを整える効果があり、余分な水分や糖分・老廃物の排出も正常に行われるようになります。カリウムも腎臓に働きかけて体内の巡りを良くしてくれるので、むくみの解消に役立つのです。
ごぼうと言えばまず思い浮かぶのが「食物繊維」という言葉かもしれません。「食物繊維=便秘に効く」というイメージですが、ごぼう茶として手軽に摂取することでむくみの解消にもつながるのです。

とうもろこしのひげ茶(コーンシルク茶)


とうもろこしのひげには、すいかの約50倍ものカリウムが含まれています。カリウムはむくみ解消には欠かせない成分です。塩分濃度を調整し、過剰な水分の排出を促す効果があります。またフラボノイドにも塩分濃度を調整する働きがあり、体内循環の改善もしてくれるのです。
利尿作用の高いカリウムですが、腎臓の働きも助けてくれます。継続して飲むことで、むくみにくい体質になることも期待できる「とうもろこしひげ茶」。昔から漢方にも使用されています。
ノンカフェインですが、母乳の出が悪くなることがあるので、授乳中は飲むのを避けた方が良いでしょう。とうもろこしのヒゲから作られるので、コーン茶とは別物です。

杜仲茶


とちゅう茶と読みます。ダイエット茶として有名な杜仲茶ですが、その理由は脂肪の分解やコレステロールの吸収を抑えてくれるからです。またむくみ解消に効果的なカリウムが多く含まれていて、他にもミネラル成分であるマグネシウムやカルシウム・ビタミン類などのダイエットによって不足する栄養素を手軽に摂ることができますね。

緑茶


日本茶とも呼ばれる緑茶は、栽培方法・摘採時期・製造工程によってそれぞれお茶の種類と呼び方が変わります。そんな緑茶の中で最も一般的に飲まれているのが煎茶で、他にもほうじ茶や玄米と合わせた玄米茶なども緑茶の一種です。緑茶の苦味成分でもあるカフェインには利尿作用があります。しかしカフェインの摂り過ぎは身体を冷やしてしまい逆にむくみの原因になることもありますのでくれぐれも飲みすぎには注意しましょう。


桑の葉茶


桑の葉茶のむくみ解消効果には、カリウムが活躍しています。利尿作用を持つカリウムは、体内のナトリウムと水分を整えてむくみを改善してくれます。
またγ-アミノ酪酸(GABA)という成分には腎機能や肝機能を高める効果があり、ナトリウムの排出を円滑にしてくれるのです。
体の代謝が良くないと、過剰な水分や老廃物は溜まりやすくなります。桑の葉茶には豊富なビタミンB群が含まれており、エネルギー代謝や各臓器の働きを活性化して、デトックス効果を発揮してくれるのです。
桑の葉茶は子供から大人まで飲める特に副作用のないお茶。ただ桑の葉茶に含まれる成分「デオキシノジリマイシン」は、糖やコレステロールの吸収を抑える働きを持っています。高血圧や血糖値の薬と一緒に飲むと効き過ぎる場合があるので、飲む前に医師に相談しましょう。

プーアール茶


プーアール茶でむくみ解消成分にはタンニンやカリウムなどが挙げられます。
タンニンは血液の流れを良くして新陳代謝を活発にする効果があり、余剰な水分や老廃物の排出を促してくれるのです。またカリウムは体内の水分と塩分を調整し、余剰な水分を排出する働きがあります。少量のカフェインも含まれているので、さらに利尿作用が期待できます。
発酵の過程でできる重合型ポリフェノール(カテキン)と没食子酸は脂肪の吸収を抑えるので、血液をサラサラにして血の巡りを良くするのに役立ちます。
他にも、ビタミン・ミネラル・マグネシウムなどの成分が含まれるプーアール茶。体を温めて冷えを改善することで代謝をあげ、むくみ解消だけではなくダイエットにも役立つのです。
少量ですがカフェインが含まれているので、妊娠中・授乳中の方は医師に相談して下さい。プーアール茶には種類があり、品質にも差がありますのでしっかり確認しましょう。

たんぽぽ茶


たんぽぽ茶は利尿作用が高く、体を温めるのでむくみ解消に適しています。むくみ解消に効果的な成分は、カリウム・タラキサシン・イソクエルシトルリン・タンポポT-1エキス(ショウキT-1)など様々。
カリウムはナトリウムと水分を整え、過剰な水分を排出します。タラキサシンは便秘解消に効果的ですが、そのデトックス効果でむくみにも効果を発揮。イソクエルシトルリンは強い抗酸化力を持つフラボノイドの一種で、水分代謝を良くし利尿効果もある成分です。タンポポT-1エキス(ショウキT-1)はあまり耳慣れない名前ですが、とても多様な作用を持っています。毛細血管を拡張させ血液循環量を増加することで、冷えを改善しむくみ解消に役立ちます。また、利尿作用を高めると同時に整腸作用もあるので、デトックス効果も期待できます。
ノンカフェインで母乳の分泌を促すことから、妊娠中も産後も飲むことができるのが良いですね(心配な方は医師に相談しましょう)。
トイレの回数が増えるので飲み過ぎに注意しましょう。副作用は特にありませんが、血圧を下げるので必要な場合は医師に相談して下さい。

甘茶


甘茶によるむくみ解消は、腎機能や肝機能を高めることや血流を良くすることなどにあります。
フィロズルチンとイソフィロズルチンは甘茶の甘み成分ですが、胃や腸の働きを改善して血行を良くする効果もあります。こうした働きは老廃物や余分な水分を排出することにつながるのです。ルチンはポリフェノールの一種で、血液をサラサラにして血管を補強してくれます。
甘茶には、同じような効果をもつ成分がさらに含まれています。サポニンやケルセチンです。胃や腸の働きを促し、血液をサラサラにして血流を改善。肝機能や腎機能にも働きかけて、老廃物や余分な水分などを排出するデトックス効果があるのです。
ノンカフェインでカロリーゼロなので、糖尿病の方でも飲むことができます。

注意して欲しいのは濃く出し過ぎないこと。濃すぎる甘茶は稀に嘔吐・悪心などの中毒症状が出るからです。2〜3gの茶葉を1Lの水で煮だすのが基本。他に副作用はありませんので、その点だけ気をつければ甘くて飲みやすい健康茶なのです。

スギナ茶


スギナ茶はミネラルやビタミンが豊富。そのため、むくみ解消にも効果が期待できます。たくさんの成分のなかから、むくみ解消に役立つ成分を少し挙げてみます。
葉緑素は利尿作用があり、水分代謝を活性化してくれます。余分な水分は体に溜まりにくくなるので、心臓病・腎臓病・肝臓病といった疾患から起こるむくみにも効果的。さらに腎機能を高めて代謝を良くしてくます。
ケイ素は血液をサラサラにしてくる成分。血液がサラサラになると血流が改善され、水分や老廃物の循環もスムーズに行われます。他にも役立つ成分が豊富なスギナ茶はデトックス効果に優れているのです。

ノンカフェインですが、飲む際に注意が必要な方もいます。スギナ茶には微量ですがニコチンやチアミノーゼが含まれているからです。長期間に渡って大量摂取しなければあまり問題はないのですが、念のために妊娠中・授乳中のお母さんは担当医に相談しましょう。その他、医師の診察を受けている方も飲む前に確認すれば安心です。

ハイビスカスティー


ハイビスカスティーと言えば酸味が印象的なお茶。その酸味がむくみ解消にも役立ってくれます。
ハイビスカスティーに含まれるクエン酸とリンゴ酸には血液をサラサラにし、血流を改善する効果があります。血流が改善されると新陳代謝が高まり、冷えの改善にも役立つのです。こうした循環は、体内の老廃物や過剰な水分をスムーズに外に排出してくれる助けになります。
またポリフェノールの一種であるアントシアニンにも血液をサラサラにする効果が。血管を強くしたり血行を促したりしてくれるので、老廃物や過剰な水分を排出しやすくするのです。
そしてハイビスカスティーには、塩分と水分を調整する働きを持つカリウムも含まれています。余分な水分を排出してくれます。
ノンカフェインで特に副作用もないハイビスカスティー。ビタミンCも豊富で美容や疲労回復にも役立つ、むくみ解消効果を持ったお茶なのです。

フェンネルティー


フェンネルティーのむくみ解消に関わる効果には、利尿作用や老廃物の排出などがあります。含まれている成分がそれぞれに体の働きを助けているのです。
フェンネルティーの主な成分であるアネトールは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ様な働きをします。ホルモンバランスを整えて体内循環を促すので、体が温まり冷えによるむくみや月経痛などに効果的です。
腎機能を高めるα-ピネンは、体を温めて発汗を促す作用があります。水分の代謝を助けて過剰な水分や老廃物を排出。デトックス効果が期待できる成分です。
香り成分には、代謝を活発にするリモネン、発汗・利尿・冷えに効くペトロセリンがむくみ解消に役立ちます。
他にはオレイン酸やルチンなどの成分も含まれ、血液をサラサラにして体内の循環を良くすることでむくみに効果を発揮するのです。
ノンカフェインですが、女性ホルモンに働きかける成分が含まれています。成長期のお子様・妊娠中・授乳中・婦人科系疾患をお持ちの方は飲むのを控えた方が良いでしょう。セリ科植物にアレルギーのある方も注意して下さい。

ジンジャーティー


ジンジャーティーは生姜を使った紅茶で、体を温めると言われています。ジンジャーティーがむくみ解消に効果的なのは、体を温めるからです。冷えや代謝の低下は体の血行に影響します。老廃物や余分な水分は体内の循環が良くないとスムーズに行われません。代謝を上げるための有効成分がショウガオール(ジンジャーオール)です。
ショウガオールは生の生姜を加熱することで、ジンゲロンという成分が変化したもの。ジンゲロンにも効果はありますが、むくみの解消が目的なら過熱してショウガオールにした方が効果的です。
ショウガオールは体を内から温めてくれます。内部が温まると冷えが改善され、血行も良くなるのです。血行が良くなることで代謝がアップし血流をスムーズにしてくれます。老廃物は排出され、過剰な水分は発汗と利尿作用によって出ていくのです。
胃腸の状態を整えてくれる効果もありますが、摂取し過ぎると逆に胃を荒らしてしまうのでご注意を。ジンジャーティーを飲むことでイライラ感が出る人は控えた方が良いでしょう。また妊娠中の方は飲む際に注意が必要なので、担当医にご相談ください。

むくみ取るお茶は体調や状況に合わせて選ぶようにしてください


むくみを取るお茶には、強い成分が含まれていることもあります。そのため、妊娠中や調子の悪いときには飲まないほうが良いものも存在するのです。

また、健康茶の中には苦味や渋味が強かったりクセの強い味のものもありますので、小さなお子様と一緒にという場合にはあまり向いていないこともあります。そんなときにはハチミツを加えたり茶葉をブレンドしてみたりと自己流にアレンジしてみるのもおすすめです。

味や効果に特徴のあるお茶ですので、どうしても体に合わないなどもあるかもしれません。むくみを解消したいからといって無理に飲み続けることは避けてくださいね。

メニュー