トップページ > むくみに効くお茶まとめ|むくみをとるお茶の効果って?

お茶を飲むだけでむくみ解消?むくみに効果的な飲み物とは

お茶や飲み物でむくみの解消ができる。

そんなことを聞いたことありませんか?

お茶は水とは違い栄養素を含む飲み物です。

お茶の中にはむくみに効果的な成分を含むものも存在するので、むくみ解消効果が期待できるお茶は多数存在します。

そのなかでも健康に良いと有名なのといえば

・緑茶
・どくだみ茶
・ルイボス茶
・ウーロン茶
・とうもろこし茶etc...

有名どころだけでも数え切れないくらいのお茶の種類がありますね。

そんなお茶の中でむくみに効果的なお茶とはいったいどんなお茶なのでしょうか?

ちょっとまって!
当サイトではむくみの解消にむくみサプリの使用をおすすめしています。

お茶でむくみ解消を目指すと、ネックになるのはトイレに行く回数が増えること。

水分を多く取ることで、サプリでのむくみ解消よりもトイレの回数が増えることが予想されます。

トイレの回数が増え過ぎるのはちょっと、、、

というあなたはむくみサプリの使用を検討してみませんか?

むくみサプリ瓦版

むくみ解消に効くお茶はどんなお茶?

むくみ解消に効くお茶には2種類のものがあります。

  1. ミネラル豊富なお茶
  2. 利尿作用のあるお茶

むくみの解消のためには体の余分な水分を排出したり、塩分や老廃物などの体のめぐりを悪くするものを排出する効果が求められます。

そんな中で、塩分や老廃物の排出にはミネラル分が、余分な水分の排出には利尿作用が求められるのです。

どちらかの効果があればむくみ解消に役立つといえますが、理想はどちらの効果も発揮できるお茶。

コーンシルク茶やどくだみ茶などはカリウムも豊富に含んでいますし、むくみ解消のためにあるお茶と言っても過言ではありません。

おすすめしたいむくみに効くお茶はどくだみ茶とコーンシルク茶です。

むくみに効くお茶の種類を見る前に、どくだみ茶とコーンシルク茶の効果・効能についてみてみましょう。

どくだみ茶のむくみ解消効果は?

どくだみ茶の効能としていわれているのは
・殺菌効果
・抗酸化作用
・利尿作用
・動脈硬化予防
等ですよね。

どくだみ茶には豊富なミネラルや血液をさらさらにする成分などが含まれており、健康に良いとされています。

そんなどくだみ茶のむくみ解消効果を支えているのは、どくだみに含まれるカリウムの塩分排出作用と利尿作用です。
(細かく言えば血液をさらさらにしてながれやすくすることでもむくみ解消の手助けをしてくれます。)


むくみ発生の大きな原因の一つに塩分の取りすぎというものがあります。

これは、血液中の塩分濃度が高まることで血液中の水分を増やして塩分濃度を下げようとするからだの仕組みが関係しています。

水分の多くなった血液は血管を広げ、これ以上広がらな苦なった血管は水分を血管の外に逃がします。

逃がした水分が皮膚の下に溜まることでむくみが発生するので、塩分の排出がスムーズに行けば血液中の水分量を多くする必要がなくなるのでむくみが出来なくなるのです。

また、利尿作用があることで体の中にある排出すべき水分や老廃物の代謝がよくなり、むくみの材料となるものが体の中になくなります。

トイレに行く回数も増えるので、定期的に席を立つことが増えて体の血液のめぐりがよくなることでもむくみの解消が見込めるのです。

むくみ発生の根本的な原因は体の中の血液循環が悪くなることです。

血液の流れを良くして血液循環を改善させることはむくみの解消に繋がるので、どくだみ茶はむくみを治すのに効果的なんです。

どくだみ茶のメリット

 

どくだみ茶にはカフェインが含まれていません。

カフェインが含まれていることでむくみに悩まされている妊婦さんのむくみ解消に使えないものもたくさんありますが、どくだみ茶ならカフェインの心配なくむくみを解消できるのです。

また、むくみ解消以外の健康作用も見込めるので、どくだみ茶は健康維持に欠かせないお茶となっています。

むくみ解消のついでに普段の健康をどくだみ茶で維持されてはいかがでしょうか?

どくだみ茶のデメリット

 

どくだみ茶は副作用のあるお茶としても有名です。

カリウムの含有量が多いことから、飲みすぎると高カリウム血症になる恐れもあります。
※よほど多く飲まない限りは大丈夫だといわれています。

なので、高齢者の方や腎機能が低下している方。

カリウムの摂取を控えるよう医者に言われている方は飲む量や飲み方に注意してください。

また、どくだみ茶は利尿作用や緩下作用(かんげさよう)が強くでる場合もあり、下痢をすることもあります。

副作用の症状が出たと思ったら飲むのを控えるなどして、上手にコントロールをするようにしてください。

コーンシルク茶のむくみ解消効果は?

コーンシルク茶には様々な成分が含まれています。

むくみに効果的だというのがメインの効果と捉えがちですが、それ以外にも
・動脈硬化予防
・心筋梗塞予防
・抗酸化作用
・脂肪分解作用
・コレステロール値の減少
・冷え改善etc..
などの効果を持っています。

コーンシルク茶はこれらの効果をもたらしてくれるお茶ですが、目に見えて現れる効果が利尿作用から来るトイレの近さ。

トイレに行く回数が増えれば必然とそれだけ水分を必要とするので、代謝機能を正常に働かせることができます。

その結果、むくみの改善に繋がるんですね。

そして忘れてはいけないのはコーンシルク茶に含まれるカリウムの存在。

コーンシルク茶にはフラボノイドやアルカロイド、サポニンやタンニンなどの成分が含まれていますが、これらの成分よりも多くカリウムが含まれています。

塩分や脂質の摂取が多い現代人にって、コーンシルク茶はむくみ改善だけでなく健康を保つためにも役に立つお茶となっています。

コーンシルク茶のメリット
コーンシルク茶にも副作用の認められていない成分です。

メリットとしてはむくみ改善のほか、冷えや生活習慣予防の効果が得られること。

また、どくだみ茶と同様に妊婦さんでも飲めるという点です。

最近では健康のためにコーンシルク茶を飲んでいる方も増えてきましたが、どくだみ茶と比べて価格が抑えられていることも魅力の1つです。

コーンシルク茶のデメリット
コーンシルク茶のデメリットは利尿作用が強いことでトイレに行く回数が増えてしまうことくらいです。

しかし、これはデメリットとは言い難いほど気にするところではありませんね。

そのほかにデメリットは見当たらないので、コーンシルク茶はデメリットのないお茶とも言えます。

むくみ解消に効果的なお茶一覧

はとむぎ茶
ハトムギにはカルシウム・鉄分・各種ビタミン類などの栄養素が豊富に含まれており、タンパク質や9種類の必須アミノ酸の含有量は白米の2倍以上ともいわれています。これらの豊富な栄養素は体内の水分や血液などの代謝を促してくれるので身体の巡りが良くなります。
また、はとむぎに含まれる食物繊維は便秘に効果的で、はとむぎ茶の利尿作用と共に体内の老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。はとむぎ茶はどくだみ茶と同じくノンカフェインで、それに加えてノンカロリーなところも嬉しいですね。
杜仲茶
とちゅう茶と読みます。ダイエット茶として有名な杜仲茶ですが、その理由は脂肪の分解やコレステロールの吸収を抑えてくれるからです。またむくみ解消に効果的なカリウムが多く含まれていて、他にもミネラル成分であるマグネシウムやカルシウム・ビタミン類などのダイエットによって不足する栄養素を手軽に摂ることができますね。
とうもろこしのひげ茶
なんとも変わった名前のお茶ですが、その名の通りとうもろこしの実の先端から伸びるひげの部分のみを使用したお茶で、とうもろこしの実を乾燥させて炒ったコーン茶とは別物になります。コーン茶の方が飲みやすく、韓国では一般的な飲み物とされていて飲食店では無料で飲めるところもあります。
コーン茶よりも味にクセがあるのがひげ茶ですが、日本で販売しているひげ茶はコーンがブレンドされているのがほとんどです。
とうもろこしのひげの部分はコーンシルクと呼ばれていて、非常に栄養価が高くサプリメントの原料として使用されることも多いほどです。特にカリウムが豊富に含まれていて、体内の余分な塩分の排出をサポートしてくれます。
緑茶
日本茶とも呼ばれる緑茶は、栽培方法・摘採時期・製造工程によってそれぞれお茶の種類と呼び方が変わります。そんな緑茶の中で最も一般的に飲まれているのが煎茶で、他にもほうじ茶や玄米と合わせた玄米茶なども緑茶の一種です。緑茶の苦味成分でもあるカフェインには利尿作用があります。しかしカフェインの摂り過ぎは身体を冷やしてしまい逆にむくみの原因になることもありますのでくれぐれも飲みすぎには注意しましょう。
  緑茶 紅茶 ウーロン茶 コーヒー
カフェイン量 30mg 30mg 20mg 90mg

まとめ

健康茶の中には苦味や渋味が強かったりクセの強い味のものもあります。ハチミツを加えたり茶葉をブレンドしてみたりと自己流にアレンジしてみるのもおもしろいですよ♪
寝起きの一杯や職場でのコーヒーなど、毎日必ず飲んでいる飲み物があなたのむくみの原因かもしれません。コーヒーを健康茶にしてみたり、冷たい飲み物は暖かい物に変えてみましょう。また1日で摂取しているカフェイン量が多すぎる場合は控えるなど一度自分の飲み物の習慣を見直してみることが大切です。