トップページ > むくみで体重は何キロ増える?むくみをなくすとどれくらい体重は減るの?

むくみでどれくらい体重が増えたり減ったりするの?

体がむくむと体重は増えます。
でも、これは太ったワケではありません。

むくみが解消されると体重は減ります。
見た目もすっきりとスリムになって周りからは-3キロ近く痩せたようだと言われることもあるほどです。

ここではそんな体のむくみの増減について、体がむくむと何キロくらい体重が増えるのか、むくみが解消されたらどれくらい体重が減るのかを詳しくご紹介していきますね。

むくみで体重は増加する

体がむくんでいるときには、必ず体重は増加します。

しかし、むくみで起きる体重増加は太っているのとは違う体重の増加です。
むくんでいることと太っているでは体重増加の原因が異なるので、まずは「むくんでいる」と「太っている」の違いから見ていきましょう。

太るとむくむの違い


私たちは体重計に乗ったときの数字によって太ったか太っていないかを判断します。

でも、体重が増えていても太っていないといえる状態があります。
それが「むくんでいる」という状況です。

具体的な違いは以下のとおり。
・太っている→脂肪が体にたくさんついている(むくみサプリの意味があまりない人)
・むくんでいる→体に水分がたまっている(むくみサプリが効く人)

「むくんでるかも!?」と思う部分を指で押してみてください。凹みがすぐに戻らなかったらむくみ。すぐに戻ったら脂肪の可能性大です。

むくみは体の代謝機能の働きが低下している状態です。
体の代謝機能が低下すると太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

むくみの体重増加を放っておくとおデブさんになってしまうかもしれないので、注意してくださいね。


むくみでどのくらい体重が増加するの?


むくみで起きる体重の増加はおよそ1kg〜3kg

朝の体重と比べて夜の方が1kg増えているといったことはめずらしくない話ですよね。
そう、むくみは朝よりも夜の方に実感することが多いんです。

また夜にアルコールや塩分・糖分をたくさんとった場合は2kgちかく体重が増えることもあります。
アルコールや塩分、糖分はむくみの発生を促してしまう3大要素なので、この場合はほとんどがむくみの影響と言えます。


さらに女性の場合、生理中にプロゲステロンという女性ホルモンが水分をためこむ働きをするので、酷い人だと生理むくみで3kg近く体重が増えることも。。。
でも、生理の影響でむくんで増えた体重は脂肪がついて増えたわけではないので、生理が終わってむくみが解消すると自然と体重ももとに戻っていきます。

むくみは解消すると体の代謝が良くなるので、太りにくい体になる期待がもてます。
ただむくみによって急に体重増加した時には、気をつけなければいけない場合もあります。

それは、病気の影響でむくみが発生するとき。
病気が原因でむくんでいる場合は、体重が短期間で4kgからひどいときには10kg近くまで増えることがあるそうです。

普段と変わらない食生活をおくっているにもかかわらず、急に体重が増えて戻らないときには体がむくんでいないかチェックをして、専門の病院を受診することをおすすめします。

むくみが解消すると体重はいったいどれくらい減るの?


順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生が「むくみを解消すると、今より3割ほど痩せて見える」ということをご自分の著書「むくみをとるだけ!3割細見え」でお話しされています。

むくみの程度は個人差が大きく、はっきりとした数字は断定できませんが、むくみが解消されると人によっては2〜3kg体重が減る人もいるそうです。


その他むくみが解消すると体重が減るのはもちろんですが、体にたまっていた水分がすっきりとするのでサイズダウンにも期待がもてます。
たとえば
  • 足がすらっとして今まできついと感じていたブーツやパンツがすんなりはけるように。
  • ぼやけていたフェイスラインもはっきりとして小顔に。
というようなサイズダウン効果です。

代謝機能もUPするので痩せやすい体をつくることに期待がもてます。

むくみで体重を増やさないためにはどうしたらいいの?


むくみによる体重増加を防ぐには、むくみを作らない体作りをする必要があります。

食生活に気をつけたり、適度に運動をしたりと方法は様々ですが、むくみができる原因も人それぞれ。
どうしてあなたがむくんでしまうのかを理解して、適切な対策を取っていきましょう。

どうして体がむくんでしまうの?



体がむくむのは、なんらかの原因で体の循環が悪くなり、余分な水分や老廃物が体の中にたまってしまうからです。

通常は、余計な水分や老廃物があったとしても血行がよければ静脈やリンパ管を通り尿や汗となって排出されます。しかし、それがうまく働かなければ皮膚の内側にたまりむくみとなって体に現れてしまうのです。

わかりやすく言うとむくみが起こりやすい状態とは、体の代謝の働きが低下している状態ということですね。

特に冷えによるむくみが発生している方は、冷えによる代謝の低下から慢性的に冷えむくみが発生していることが考えられますのでむくみからセルライトが発生してしまっていることも考えられます。

冷えむくみに限らず、むくみはセルライトになってしまうともっと体重増加に繋がってしまいますので要注意です。

また、「デスクワーク」や「長時間の立ち仕事」をしている人は足にむくみができやすい状態となっています。体の一部がむくんでいる状態のときには、全身がむくんだ状態になっている可能性があるとも言われているので気になる部位以外のところもむくみチェックしてみてください。

むくみによる体重増加の対策って?


むくみで体重が増えるのを防ぐには、まずむくみを解消してむくみの予防を行うことが大切です。

むくみによる体重増加はすべて「むくみの発生」が原因となりますので、むくみによる体重増加の対策は「むくみを発生させない」「できたむくみをすぐに解消する」ことが大切になるからです。

発生したむくみを解消するのにはむくみを取るマッサージやむくみサプリの使用が即効性がありおすすめです。

そして気になる予防法ですが、こちらは日頃のあなたの生活を見直すことが大切。
仕事柄どうしても改善することができないことを除いて、むくみに効く食べ物を積極的に摂ったりや運動などのできる範囲での生活の見直しを行いましょう。

また、予防法として取り入れるのにおすすめなのは以下の3つの方法です。

これらの方法はむくみの発生を抑えたり、仮にむくみが発生したとしても早期にむくみを解消してくれる効果が期待できるアイテムなので、予防法・解消法としてとても効果的です。

むくみによる体重増加の対策は、むくみを発生させないようにすることが大切だと覚えておきましょう。

むくみがなくなれば体重も減る!


体がむくんでいると体重は増えます。
なので、体重が増えたからと言って単純に太ったと判断するのは早計かもしれません。

最近体重が増えたと悩む前に、自分の体むくんでないかな?と考えてみることもスリムな体を手に入れるには大切なことだといえますね。

あなたの体重増加がむくみのせいであるなら、むくみをなくせばスリムな体になるはずです。
実際に体重が減っていなくても、なくなるだけでスリムに見えるむくみ。

今からの努力であなたの毎日が変わるかもしれませんよ!

メニュー